効果を最大限に得るために

活性酸素を溜めないコツ

美ポイント♪

美肌つくりは2人3脚。エステシャンとお客さま一緒に協力することで素晴らしい効果を得ることができるでしょう!

 

①激しい運動 ❌

②喫煙、飲酒 ❌

③添加物の含まれた食品・飲料 ❌

④化学物質の多いメイク・化粧品・UV❌

⑥ストレス(心身ともに)解消⭕

⑦抗酸化のMK化粧品・抗酸化効果の食品⭕

⑧紫外線、ブルーライト対策をする。⭕

・・・etc

※活性酸素について一緒に学んで参りましょう!

 

★サロンケア★ 

老化の原因を減らし、肌(細胞)の機能を回復します。

 

★日常生活★

老化や肌の機能低下につながることは減らしましょう!

 

【 Happy Point! 】

日常生活、食事、お家でのケアをちょっと意識するだけで肌はもっとキレイになれます♥

活性酸素を溜めない生活はお肌の美しさだけでなく、身体の健康にもつながります♥

 

▶活性酸素や肌老化の原因 

 

 


◎老化を回復する化粧品

老化から肌を守る、回復する。

150-300もの植物ミックスをアドバイザーがあなたの肌に合ったものをセミオーダーメイドのスキンケアシステム。

細胞が健康になるために必要な栄養。

肌をつくる材料を直接届ける。

一般的な化粧品とは全く違う化粧品です。

 

マンサール製品にリニューアルされ、アイテムが変更になりましたが基本的な使用方法は変更ございませんのでご参考まで。


サロンドリリーでは将来の肌をもケア!

トリートメントの特徴は、今現在でているシワ、たるみ、ニキビ、シミ、乾燥、毛穴の黒ずみ開き・・・

様々な肌トラブルを改善することはもちろんですが・・・。

 

何と言っても一番の効果は、肌の工場である細胞の働きを根本から若返らせて健康を取り戻すこと(^^)

将来の、老化現象を遅らせることができるのです。

 

 

将来、気がつけば周りの同世代の方と大きな差が現れるでしょう♪

 

スキンケア計画ススメ

 

スムーズに解毒を進める為に頻度を守る!

 

【肌細胞デトックス達成の目安】

人の身体は約90日間、1つの細胞は5日間かけて新しい細胞へと生まれ変わります。

そのメカニズムに合わせてトリートメントを進めることで一番早く細胞の若返りを果たします。

 

【ケア頻度の一例】

★理想的頻度 

5~10日に1回×12回を1クール

その後14~30日に1回等間隔を開けていく。

 

★デイリーケア頻度

7~14日に1回×24回を1クール

その後14~30日に1回等間隔を開けていく。

 

☆1か月以上空いてケアも大丈夫◎

 ただしケアとその次のケアまでの間に、日常生活で老廃物や活性酸素をまた溜め込むので、

少しづつリバウンドをしながら解毒を進めていくことになります。

その分、デトックス達成までの期間が長くなってしまうこと。

理解の上、一番あなたの肌状態とご希望に合ったペースを決めましょう!

 

☆デトックス達成後

実はここからが、美肌づくりの本番

デトックス完了した肌工場はぐんぐん動いて造り出す準備ができました。

そこへ、肌の材料であるアミノ酸やミネラル、ビタミン、カルウムなど様々な栄養をバランスよく入れ、あなた自身の良質なコラーゲンや筋肉、皮膚組織をつくることが出来ます!

 

それは注射や化粧品などで外部から入れたものとは全く違う。自分自身のもの。

一度つくられた自らの組織は、そう簡単には失われるものではありません。

ケアが進んでくると細胞が元気になり、ハリ・弾力を維持、シミ・ニキビができにくく美しい肌を自分自身のチカラで保てる肌へと生まれ変わります。

それこそが根本的トラブルの改善、本当のアンチエイジングを叶えるでしょう!

 

▶お得な回数券はこちら。

 

 

肌細胞を傷つける壊すことは避けましょう!

 

①肌細胞を壊す・傷つける施術は(例;ピーリング、フォト、レーザー、高周波、などなど・・・)なるべく、デトックス完了までは控えましょう!

 

②強い紫外線を浴びることを控えましょう!

 

③体調を崩したり高熱が出た場合は体調がもどり次第なるべく早く修復する為に、デトックスケアを受けましょう!

 

④活性酸素が溜まらない様にエステシャンのアドバイスを日常に取り入れましょう!

 

 

★トリートメントの大きな目標は、今のご自身の細胞をキレイな状態に戻し、機能を回復することで

細胞の寿命を長くして健康な肌を作りあげましょう!

 

せっかく、デトックス回復させた細胞壊してたり傷つけてしまうと

なんと!勿体ないことにトリートメントの効果も減少

 ☆他トリートメントとの併用は担当エステシャンまでお気軽にご相談ください☆